オリジナルタオルワッフル柄タオル 泉州タオル 日本製 [型代無料・送料無料]

ワッフル柄タオルの特徴

  1. ジャガー通りで生地全体に施された凹凸模様は、見た目に映えるだけでなく、肌に当たる面を増やして吸水性を高める役割を持っています。
  2. 生地の色は、綿本来の色を残した生成り。染めているわけではありませんので、ナチュラル志向の方におすすめです。
  3. 名入れ部分の上下に施されたワッフル模様が高級感を演出します。
  4. 細い糸を2本撚り合わせて1本の糸とした【30双糸】を用いています。一般的なタオルの糸よりも高級で、肌触りが柔らかく、吸水性にも優れています。

ワッフル柄タオルは、「贈って良かった」「もらって良かった」とお声頂くことがある、たいへん人気のあるオリジナルタオルです。

ワッフルタオルの特徴
高級な30双糸を使用

高級感があり色褪せない織り込み名入れの朱子織り名入れ

朱子織り名入れは、タオルを織る際に、名入れ用の横糸を加え、表に出したり裏に出したりすることでデザインを表現します。このため裏面は名入れと背景が反転します。

見た目は刺繍に似ていますが技法がまったく違います。刺繍が完成したタオルにミシンで糸を縫い付けるのに対し、朱子織りは、名入れがタオルの一部として馴染んでおり、自然な仕上がりが特徴です。

朱子織り名入れの画像

当社がおすすめする「泉州タオル」

泉州タオルのロゴマーク

タオルに用いる綿糸は、織りやすくするためにノリやロウなどで補強してあります。そのため織りあがったばかりのタオルは吸水性も悪くごわついています。泉州タオルの特徴である『後晒(あとざらし)』製法は、織った後でノリやロウ・繊維くずなどを洗い流すので、高い吸水性と綿本来の柔らかな風合いが戻り、且つ清潔なタオルになります。

『泉州タオル』のロゴは、清潔で吸水性に優れ、また安心してお使い頂けるタオルの印です。

当社のある大阪泉佐野市は、日本有数のタオル産地であり、かつ、日本のタオルの発祥の地でもあります。
それは、里井圓治郎氏が明治20年に考案したタオル製織機にはじまり、この「泉州(せんしゅう:大阪南部の古い呼び方)」地域の地場産業として大きく発展をとげてきました。
織った後で、糊やゴミを洗い落とす「後晒し(あとざらし)製法」により、清潔で吸水性に優れたこのタオルは『泉州タオル』と呼ばれて愛され、今も発展を続けています。

タオル制作風景画像

ワッフル柄タオル 商品ラインナップ

  

この他のオリジナルタオルを見る



オリジナルタオルの製作もご相談下さい
織機と上げ落ちジャガードタオル

大阪の泉佐野(泉州地区)は、吸水性に優れ実用性の高い生地をつくる日本有数のタオル産地です。当社もこの一員として全国各地へタオルをお届けしています。

ホームページでご紹介しているタオルに限らず生地織りからいたしておりますので、キャラクターや柄物、企画物、特定の用途に特化したタオルなど、他にないオリジナルタオルの製作も承ります。

また、海外拠点の生産力を活かした製作もいたしておりますので、大量発注などの案件がございましたら一度当社にご相談ください。



名入れタオル・オリジナルタオルのお問合せ・ご連絡先

電話: 072-465-9333

営業時間: 平日10:00~18:00

FAX: 072-465-9334

メール: naire@plescort.jp

データのご入稿等も全て上記メールアドレスにお送り下さい。




業務案内