タオル選びや包装について


タオルを選ぶポイントを教えてください。

タオルの構成要素には、綿糸の産地・太さ・編み方、タオルのサイズや重さ、風合いや強度を決める織り方、染色方法、さらに名入れ方法、包装方法を組み合わせると、無限ともいえるバリエーションになり、大変迷われることと思います。

当サイトでは、よく用いられる 「タオル」+ 「名入れ」+ 「包装」の組み合わせを厳選し、目的別に分けてご提供しております。 この中から、ご予算応じてお選びください。

粗品・年賀タオル」 は、年始・中元のご挨拶や記念品としてお贈りしたり、、販促ツールとして大量に配布するのに適したタオルを厳選しています。平地付きタオルをのし紙と透明PP袋で包装しています。

ノベルティータオル」 は、会社やお店のノベルティグッズとして販売したり、記念品や贈答品としてお贈りするのに適したタオルを厳選しています。

違う種類のタオルはありますか?

掲載してない場合でも、フェイスタオルのように、よく使われるものについては、定番商品として多くのバリエーションをご用意しています。

例えば、のし名入れセット(白) は、「中国産平地付き160匁白タオル」ですが、同等の国産や、総パイルのタオルもございます。もっと厚みが欲しいならば200匁もご用意しています。

使用目的やタオルの仕様・ご予算・数量にあわせて、適切なご提案を差し上げますので、掲載のない商品でもお気軽にお問合せください。

反対に、需要が少ないものや特殊な加工が必要なものについてはご用意しておりません。シャーリング用に特殊な織り方が必要な ノベルティータオル がこれにあたります。これらは別注で承ります。

当社では、国内及び中国の工場数社と提携しておりますので、数さえまとまれば、別注で生地から名入れまで完全なオリジナルタオルを作ることも可能です。大量発注をご検討の節は、お気軽にご相談下さい。

包装にはどんな種類がありますか?

名入れタオルは、一枚ずつ透明のPP袋で包装で包装しています。ゴミも少なくて済みますし、普通にお渡しするだけならPP袋で十分です。

ギフト用には、1〜3枚を化粧箱に入れてラッピングし、のし紙をおつけることも出来ます。

業務用タオルは、ご自身の会社やお店でお使いになる場合がほとんどですので、個々の包装はせず、ダンボールケースでお送りしています。

標準以外の包装については、包装材の種類や組み合わせにより、価格や納期・経済ロット等が大きく変わりますので、その都度ご相談下さい。